高所作業車 とは。主な活躍

高所作業車は、道路工事や電柱の設置作業をする際に使われるので、1度くらいは見たことがあるでしょう。色々な種類や特徴、使用する場面などについて書いていくので、読むことで興味を抱いてくれれば幸いです。

高所作業車の特徴

高所作業車には見た目がトラックのタイプ、自走式やホイール式など色々な種類があります。トラックの方は左右のどちらかについているレバーを操作して、荷台に積まれたクレーンを上下に動かします。高さは10m前後の物が一般的ですが、中には数十m以上伸ばせる種類も存在します。
自走式は、操作すると屈伸をするかのように上に伸びていくのが特徴です。現場で作業をする時は、足場で仕事中に下でレバーを動かす人が必要となります。
ホイール式はスイッチを押すとバネが上に伸びるように動きます。足場から操作をすることができるので、下で誰かが動かす必要がないので楽です。

使用する場面と輸送方法

トラック型は木々の伐採や建物の窓拭き、または各種工事現場などで利用される機会が多いです。トラックとしても普通に利用できるのも魅力的な部分です。
自走式は6mから約20m付近まで上昇させることができるので、ビルや巨大建物の建築の際に使われています。現場へ運ぶ時は大きなトラックの荷台に積みます。
やや小型な高所作業車のホイール式は、体育館内の照明交換や時計の交換などの、建物内の作業にも向いています。あと、自走式と同じでトラックの荷台に積んで運びます。