ゴンドラに乗って高層ビルの窓ふき。怖くて気分が悪くなってしまいました

わたしが高所のアルバイトを行ったのは大学生の時でした。それほど裕福な家庭ではなかったため大学の学費を一部アルバイトで賄っていました。夏休みに友人から高収入のアルバイトがあると誘われて話を聞いてみると高層ビルのアルバイトとの事でした。わたしは高いところが苦手なので断りましたが、人手不足で困っている、日給も高額だという話を聞いてとりあえずやってみる事にしました。まずはベテラン作業者の方から簡単な研修を受けました。命綱であるロープの付け方、ゴンドラ作業での注意点など。もっとしっかりとした研修があるのかなと思っていましたが、時間にして30分もかからずに終わってしまいました。現場は大阪のオフィス街にある35階建ての高層ビルでした。ゴンドラに乗ったときは風が全くない無風状態だったので、これなら何とかなるかなと安心していましたが、時間が経つにつれて、急な風がふくようになりゴンドラが一気に揺れだしました。なるべく下を見ないように作業をしていたのですが、ゴンドラが揺れた拍子に下を見てしまった為、恐怖で気分が悪くなってしました。しっかりしないとと持っていましたが、どうやっても立ち上がることが出来ず、後半はずっとゴンドラに座って休ませてもらいました。ベテランの作業者は初めての人はこんなもんと許してくれましたが、とても申し訳なくなりました。このまま辞めるのはなんだか悔しかったので、夏休みは5回ほど高所の窓ふきアルバイトを行いました。高さへの恐怖は日に日に収まってきましたが、暑さだけはどうにもなりませんでした。このバイトをして一気に体重が減ったのを思い出します。(男性・37歳)